JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ] (2012)


【解説】
2011年3月11日の東日本大震災からちょうど1年後のその日、世界中の人々がどのように過ごしていたかを投稿された映像によってつなぐドキュメンタリー。『グラディエーター』のリドリー・スコットと『アンストッパブル』のトニー・スコットがエグゼクティブプロデューサーとして名を連ね、動画サイト「YouTube」に寄せられた約8,000件、およそ300時間の動画を基に1本の映画として作り上げた。1年前のあの日に思いをはせる人やプロポーズをする人など、日本を中心とした12か国の人々のその日の様子から、過去から現在、そして未来へと、時間の連続や人間のつながりが浮かび上がる。

【あらすじ】
2012年3月11日。2011年のその日に起きた東日本大震災から1年後、人々はどのような24時間を送り、どのようにそのときを迎えたのか。1年前の出来事に思いをはせる瞬間、いつもの日常を過ごす瞬間、そしてプロポーズをする瞬間。人々が迎えたいくつもの瞬間がつながり、あれから1年後の1日の物語が出来上がる。
無料視聴方法