台北ストーリー (1985)


【解説】
『クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』などのエドワード・ヤンがメガホンを取り、『黒衣の刺客』などのホウ・シャオシェンが主演を務めた恋愛ドラマ。1980年代半ばの台湾・台北を舞台に、過去のことが心に引っ掛かっている男と未来を夢見る女のすれ違いを映す。ホウ・シャオシェン演じる青年の恋人には、歌手として活躍しているツァイ・チンがふんする。音楽を、世界的なチェリストとして名高いヨーヨー・マが担当している。

【あらすじ】
台湾・台北に暮らすアリョン(ホウ・シャオシェン)とアジン(ツァイ・チン)は幼なじみで、今も付き合っていた。ある日、不動産開発の仕事をしていたアジンが会社をクビになってしまう。アジンは、アリョンの義理の兄を頼りアメリカに渡ろうと言うが、アリョンは家業や野球仲間のことが頭をよぎる。ためらいながらも決心したアリョンだったが、アジンの父親が事業に失敗し……。
無料視聴方法