マーメイド・イン・パリ (2020)



【解説】
フランスのパリを舞台に、失恋により心を閉ざした青年と、人魚が織り成す恋模様の行方を描いたファンタジー。『ジャック&クロックハート 鳩時計の心臓をもつ少年』などのマチアス・マルジウがメガホンを取り、幻想的なラブストーリーを紡ぐ。『再会の夏』などのニコラ・デュヴォシェルと『青い欲動』などのマリリン・リマが主演を務め、『マダムのおかしな晩餐会』などのロッシ・デ・パルマのほか、ロマーヌ・ボーランジェ、チェッキー・カリョらが脇を固める。

【あらすじ】
老舗のバーでパフォーマーとして勤めるガスパール(ニコラ・デュヴォシェル)は、ある夜傷を負って倒れていた人魚のルラ(マリリン・リマ)を見つけ、保護する。出会った男たちを美しい歌声で魅了し、彼らの命を奪ってきた彼女はガスパールも手にかけようとするが、恋に破れた経験から恋する感情を無くした彼にはその歌声が全く効かない。そんな二人が、いつしか恋に落ちていく。...

無料視聴方法